人気ブログランキング |

ガチ惚れしたことが悔しい人間心理( ゚д゚)

深夜は東京も雪らしきものが舞ったらしいのですが、夜は夜遊びよりもオフトゥンとイチャイチャする派のワタシには何ら関係なく(笑)!

そして朝、目覚めると雪ではなく雨として降っておりました个o(・ω・。)

というわけで外ジョギングは諦めイケスポ(豊島区のスポーツセンター)へGO!

ホント毎回書きますけど、天気が悪かろうとも運動しに来る健康意識の高い豊島区民のなんと多いことか(笑)!

そして西友(我が家から最寄りのスーパーマーケット)にも行けました♪

そんなこんなで今日は【占いTVニュース】に寄稿した記事がアップされております↓




キャンプって夏に行くものってイメージでしたけど、真のキャンプ愛好家は冬も行くんですってね!

そういえばサーフィンも夏に行くイメージですが、真のサーファーは冬こそ人が少なく穴場って言うらしいですから。

そんなこんなで今日のお題は【本心にブレーキをかける人間心理】です(`・ω・´)

先日、ふらりと立ち寄ったバーにて(ブログ冒頭に夜遊びしないと書きつつ 夜遊びしているじゃねーか。笑)、男性客とバーテンダーさんの会話が漏れ聞こえてきました(盗み聞きじゃないですぞぅ笑)。

その男性客によると、知り合いから最近とある女性を紹介されたとのこと。

しかしその女性が化粧っ気もなく、地味で野暮ったく、いかにも男性慣れしていない雰囲気だったとのこと。

その男性客は、「いまどき、ああいう昭和な女性も居るんだねー」と珍しい生き物でも見たかのような口調で笑い飛ばしていました。

要するにディスッていたわけです。

ここまではよくある話……!「たまたま紹介された女性が好みでなかった」ってことなのでしょうから。

と、思いきや!

その男性客はバーテンダーさんに対し「彼女からのLINEは来るだろうか」とか「俺から連絡すべきだろうか」とか今後の展開をめちゃ期待しているのです!!!!!

そしてバーテンダーさんが真摯にアドバイスすると、「でもホンット化粧っ気もないし、地味だし野暮ったいし、いかにも恋愛慣れしていない雰囲気なんだよー」と再びディスり始めるのです。

この、「ディスる」「でも今後の展開を気にする」「でもディスる」を、何度同じ話をすりゃ気が済むのだとツッコミたくなるくらい繰り返し(失笑)、喋り倒して帰ってゆきました(苦笑)。

おそらく彼は、自分が「化粧っ気もなく、地味で野暮ったく、男性慣れしていない昭和女」に惹かれ始めていることを、自分で認めたくなかったんじゃないかなと思います。
「俺はもっとオシャレでナウくてトレンディーで恋愛経験豊富なイケているオンナしか相手にしないオトコなのだ!」って自負があるんでしょうね。

そんな自分が、真逆なタイプに惹かれてしまったことが、なんとなく自分でも悔しいのかもしれません。

だからこそ、「俺、惚れているわけじゃねーし!」と、自分の本心に無理矢理ブレーキをかけるため、ディスり発言を繰り返したのかなあと。

キモチはわからなくもないですが、素直に「今までの俺にはないタイプを好きになった!」って認めちゃったほうがラクなのになあと思いました。

何故ならば、本心ではないとはいえディスっているうちに、自らのクチから発しているディスり単語が 自らの耳に入り、どんどんアタマにこびりつき、ホントに俺は惚れていないのだと、自分の感情が変わってしまう危険性があるから。

その結果、お相手の女性に非礼な態度をとり、彼女が離れていってから、自分の本心を思い出したとしても、時すでに遅しですからね。

「照れ」などから、必要以上に愛する人をディスるのはキケンだなあと痛感した出来事でした。

【1/29(水)の電話鑑定・電話カウンセリング予定】
15時~17時(短くてスイマセン涙)


人気占い師ならエキサイト


菊池美佳子

by nishimirumae | 2020-01-28 19:47